乳酸菌SBL88

ラクトバチルス・ブレビス・SBL88はサッポロビールがビールの品質管理や新商品開発のために約700株の乳酸菌の中から見つけ出した乳酸菌です。

大麦由来の植物由来の乳酸菌です。

SBL88は酸やアルコールに強く、乾燥や低栄養の環境下でも生き抜く生命力をもっています。

セロトニンの放出を促すという注目すべき効果をもった乳酸菌です。

セロトニンには幸せ物質とも呼ばれるホルモンで、

  • 抗ストレス
  • 抗うつ
  • 睡眠リズム

などに関与するとても重要な物質です。

SBL88の効果

整腸作用

便秘改善

SBL88乳酸菌に顕著なビフィズス菌増殖活性が認められたことから、ビフィズス菌を増加することで腸内環境を整え、便秘改善効果を発揮すると考えられます。

下痢回数の改善

また、下痢がちな成人の男女にSBL88乳酸菌を4週間飲用してもらったところ、下痢症状の改善効果が期待できる結果が得られました。

腸管バリアシステムを増強し、腸管炎症を改善する

SBL88乳酸菌は哺乳動物腸管において細胞防御(バリア)機能を高めることで、抗炎症作用を示し、腸管炎症を改善することが示唆されました。

腸管バリア機構を強化できればアレルギー物質の侵入を防ぎ、アレルギー症状の発症のリスクを減少することも期待できますね。

肝機能のバランスを整える

飲酒が習慣化している成人の男女を、

  1. SBL88乳酸菌を400億個含んだカプセルを1日1回摂取しながら毎日飲酒(ビール中瓶2本程度)するグループ
  2. SBL88乳酸菌を摂取せずに同様の飲酒生活を送るグループ

に分けました。4週間後に、飲酒によって増加するγ-GTP*を測ったところ、SBL88乳酸 菌を摂取したグループのγ-GTPの値が下がっていることがわかりました。

SBL88乳酸菌の摂取でγ-GTPの値が下がることにより、肝障害の緩和や中性脂肪改善の効果が期待されます。

免疫バランスの調整

SBL88乳酸菌を用い、花粉症、アトピー性炎症の改善効果について試験を実施したところ、アレルギー症状を有するマウス10匹のうち8匹のマウスにおいて、皮膚上の出血、浮腫、脱毛、乾燥、発疹などのアレルギー症状が軽減されました。

睡眠性ストレス障害を改善

SBL88はストレス性の睡眠障害を改善する効果があることがわかりました。

SBL88は幸せ物質と呼ばれるセロトニンの分泌を促します。

セロトニンは睡眠ホルモンと呼ばれる「メラトニン」の原料になります。

菌概要

菌の名前
SBC8803J株
菌の由来
利用時の菌の状態
  • 生菌
  • 死菌
菌の強さ
期待される主な効果 この菌を使用するメーカー

他の菌の効果を見る

菌の効果は研究成果であり、菌を含む製品の効果・効能ではありません。

※医薬品、医薬部外品、特定保健用食品などの一部の製品には善玉菌による整腸作用などの保健効果がある製品があります。