クロストリジウム

クロストリジウムは日和見菌や悪玉菌に分類されることも多いですが、中には善玉菌『酪酸菌』として整腸作用のある医薬品部外品としてに用いられるものもあります。

酪酸菌は文字通り、短鎖脂肪酸の一種「酪酸」を作り出し、腸内環境を整える作用が期待されます。

酪酸菌入りのヨーグルトもあります。

 

クロストリジウム に属する菌

菌の効果は研究成果であり、菌を含む製品の効果・効能ではありません。

※医薬品、医薬部外品、特定保健用食品などの一部の製品には善玉菌による整腸作用などの保健効果がある製品があります。

  • ヒト由来 生きたまま腸に届き増える

    1933年に発見された長い歴史を持つ菌。とても強い生命力で生きたまま大腸に到達する。短鎖脂肪酸の一種である酪酸を作り出してくれる。ビタミンB群も産生する。

    便秘予防と解消 / 感染症の感染リスク低減・症状軽減
    • ミヤリサン
    生きたまま腸に届き増える

    乳酸菌とともに増殖する酪酸菌。腸の運動を活発にする。

    便秘予防と解消
    • ビオスリーHi錠