アレルライトハイパー(Hyper)

記事公開日:2017年6月4日
最終更新日:2018年7月11日

アレルライトハイパー

『日清食品 アレルライトハイパー(Hyper)』はリフレクト乳酸菌(T-21株)を含む乳酸菌サプリメントです。

ビオチンを含む栄養機能食品でもあります。

アレルライトハイパーには次のようなキャッチコピーがあります。

  • 刺激に負けたくない方へ
  • すっきり生活をはじめましょう!!
  • 体験者調査で、なんと94.4%の方が満足
  • たった2粒でヨーグルト約50kg分の乳酸菌

『アレルライトハイパー』に含まれる善玉菌

菌の名前 菌の状態 菌の強さ 菌の由来
リフレクト乳酸菌(T-21株) - - 志賀高原に自生するツルコケモモ

本製品には2粒で5000億ものリフレクト乳酸菌が含まれています。

一般的なヨーグルトで5000億個の乳酸菌を摂取する場合には、それこそバケツ単位で食べなければならないでしょう。

まさに桁違いの乳酸菌含有量ですね。

発見されたのは志賀高原に自生するツルコケモモという植物なので、植物性乳酸菌(植物由来の乳酸菌)ということになります。

日清食品から公表されている菌の研究成果を見てみると「生きたまま腸に届く」といった文言はありません。

プロバイオティクス(生きた菌による良い効果)というよりも、菌体自体に効果の期待できるバイオジェニックス的な要素が強い乳酸菌であることが推測されます。

アレルライトハイパーの効果

アレルライトハイパーはビオチンを関与成分とする栄養機能食品ですのでパッケージなどに次のような記載があります。

ビオチンは、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

2粒でビオチンを50μg摂取することができます。

これはビオチンの1日あたりの食事摂取基準の100%に相当します。

アレルライトハイパーだけで1日に必要なビオチンが摂取できてしまいます。

アレルライトハイパーの他の効果は?

アレルライトハイバーはリフレクト乳酸菌を2粒あたり5000億個含むことが最大のウリですが、リフレクト乳酸菌は特定保健用食品機能性表示食品の関与成分にはなっていないので、期待される効果をパッケージなどに記載することはできません。

アレルライトハイパーは医薬品などではなく、いわゆる『健康食品』ですので、

『○○○には3週間、△△△には4週間で効果を発揮!』

などと商品紹介ページや商品のパッケージに記載することはできません。そんなことをすれば薬機法(旧薬事法)に触れてしまい、お咎めを受けることになってしまいます。

そこで私達、消費者はリフレクト乳酸菌の研究成果を確認して、『リフレクト乳酸菌にはこんな研究成果があるから、コツコツ続ければこんな効果が期待できるかもしれない』といった具合で製品をチョイスすることになります。

リフレクト乳酸菌(T-21)の研究効果

実のところ、アレルギー症状を緩和する作用のある乳酸菌・ビフィズス菌は少なくありません。

そんな中において、リフレクト乳酸菌の最大の特徴・魅力は『花粉症には4週間、通年性鼻炎には3週間』という比較的短期間で効果を発揮するところにあると思われます。

ライバルの乳酸菌の多くは8週間~十数週間といった期間が摂取の目安となっているようです。

花粉症の症状を緩和

例年スギ花粉症に悩まされている被験者19名にリフレクト乳酸菌 (T-21株) を含む食品あるいは含まない食品(プラセボ食)を4週間摂取してもらいました。

その後、花粉を散布する部屋で3時間過ごしてもらい、その症状について比較解析しました。

その結果、プラセボ食を摂取した時に比べて、リフレクト乳酸菌 (T-21株) を摂取した時は、鼻づまり」、「鼻のかゆみ」、「くしゃみ」などが緩和されていることがわかりました。

ハウスダストなどによる通年性鼻炎に対する効果

通年性鼻炎を発症している被験者23名を2つのグループに分け、11名にはリフレクト乳酸菌 (T-21株) を含む食品、もう一方の12名にはリフレクト乳酸菌 (T-21株) を含まない食品(プラセボ食)を摂取してもらいました。

その結果、リフレクト乳酸菌 (T-21株) を摂取した被験者では、摂取前に比べて「鼻粘膜の腫れ」が緩和されており、またプラセボ食を摂取した被験者に比べても軽減していることが明らかになりました。

「鼻粘膜の赤み」もリフレクト乳酸菌 (T-21株) を含む食品を摂取した被験者では、摂取前に比べて改善していました。

 ここにご紹介したリフレクト乳酸菌の効果はあくまで『研究成果』であり、菌を含む製品の効果・効能ではありません。

アレルライトハイパーの効果的な摂取方法など

プロバイオティクス・バイオジェニックスの効果は一般的にマイルドなことが特徴です。

アレルライトハイパーは医薬品ではありませんので、

「今日はアレルライトハイパーを飲んだから、なんだかすっきり!」

というようなことは基本的にはあまりありません。

毎日コツコツと続けることが重要です。

アレルライトハイパーもまずは1ヶ月を目安に続けてみましょう。変化を実感できるかもしれません。(個人差はあるかと思いますが)

お召し上がり方は、

1日あたり2粒を目安に水などと一緒にかまずにお召し上がりください。

とのことです。

摂取するタイミング

乳酸菌を生きたまま腸に届けたい場合には胃酸の薄まった食後に摂取するのが良いとされていますが、研究成果を見る限りではリフレクト乳酸菌は必ずしも生きたまま腸に届ける必要がなさそうです。

というわけで、アレルライトハイパーを飲むタイミングは『いつでもOK』になるかと思います。

アレルライトハイパーの副作用など

アレルライトハイパーは食品(健康食品)ですので、副作用はありません。

一般的に見てもプロバイオティクス・バイオジェニックスには副作用はありません。

また、薬と併用することも問題ありません。

心配な方、薬を処方されている方、通院中の方は念のためお医者様に相談しましょう。

アレルライトハイパーの原材料は?

アレルライトハイパーは原材料に食物アレルギーのアレルゲンとなる特定原材料27品目は含まれていません。

アレルライトハイパーの原材料:

還元麦芽糖水あめ、乳酸菌粉末、マルトデキストリン/粉末セルロース、ステアリン酸Ca、微粒二酸化ケイ素、ビオチン

アレルライトハイパーの栄養成分表示2粒(400mg)あたり
カロリー 1.57kcal
たんぱく質 0.04g
脂質 0.01g
炭水化物 0.33g
食塩相当量 0.00007g
ビオチン 50μg
リフレクト乳酸菌 5000億個

アレルライトハイパーはどのような人にオススメか?

アレルライトハイパーは次のような方にオススメの乳酸菌サプリメントです。

  • 新鋭の乳酸菌であるリフレクト乳酸菌を大量に摂取したい方
  • 皮膚や粘膜の健康に重要な役割をするビタミンBの一種のビオチンを毎日摂取したい方
  • 大手食品会社の安心感のある乳酸菌サプリメントをご所望の方 

入手方法など

『アレルライトハイパー』は公式サイト通販限定の商品です。

ドラッグストア、amazon、楽天などでは基本的には売っていないようです。

商品概要

商品名
日清食品 アレルライトハイパー(Hyper)
メーカー
種類
  • 栄養機能食品
商品タイプ
  • 錠剤
定価
4 600円
内容量
200mg×60粒
バナー原稿imp