シンバイオティクスとは

プロバイオティクス(乳酸菌などの善玉菌による良い効果)とプレバイオティクス(食物繊維やオリゴ糖など腸内フローラに良い影響をもたらす食べ物)を同時に摂取すること、あるいはその両方の要素を含む製品をシンバイオティクス(synbiotics)といいます。

※シンバイオティクス(synbiotics)の”シン(syn)”とは英語の接頭語で、「同時に」、「一緒に」という意味を付け加えるものです。

乳酸菌・ビフィズス菌などのプロバイオティクスとオリゴ糖・食物繊維などのプレバイオティクスを同時に摂取して、相乗効果を狙おうというものですね。

プロバイオティクスとは?

プロバイオティクス(probiotics)とは抗生物質(antibiotics)への批判から生まれた言葉で、ラテン語の接頭語pro(〜のために、ともに) とギリシャ語「生命」を意味する「bios」を組み合わせた学術用語です。

プロバイオティクスの定義は研究者・機関などによって異なる場合もありますが、下のどちらかの定義が用いられることが多いようです。

一般的なプロバイオティクスの定義
英国の微生物学者Fuller博士により「腸内フローラのバランスを改善することによって宿主の健康に好影響を与える生きた微生物」(1989)と定義されました。
プロバイオティクスの応用範囲が腸内環境に限られていますが、現在でもこの定義が広く受け入れられています。
食糧農業機関(FAO)及び世界保健機関(WHO)の合同専門家会議(2001年)による定義

この専門家会議でプロバイオティクスは「十分な量を投与された際に宿主に健康上の利益を与える生きた微生物」と定義されました。

 

プロバイオティクスとして用いられる菌は次のようなものがります。

  • ビフィズス菌
  • ヒト・植物・動物・乳製品由来の乳酸菌(ラクトバチルス、フェカリスなど)
  • 酪酸菌(ヒト由来)
  • 糖化菌・納豆菌
  • 酵母
  • 麹菌

※善玉菌の菌体自体・産生物質による良い効果はバイオジェニックスと呼ばれることもあります。

プロバイオティクス的な要素を持つ菌はこちらでまとめました。

バイオジェニックス的な要素を持つ菌はこちらでまとめました。

プレバイオティクスとは?

プレバイオティクスは善玉菌を摂取するわけではなく、もともと腸内にいる善玉菌を活性化したり、腸の活動を改善して腸内環境を改善する食品のことを指します。

生きた菌や菌体それ自体を摂取して腸内環境を改善しようとするプロバイオティクス・バイオジェニックスとは手段は違いますが、腸内環境を改善しようという基本的な目的は同じといっていいでしょう。

プレバイオティクスは以下のような条件を満たす食品を指します。

  1. 大腸まで分解・吸収されないで到達する

  2. 大腸に住む善玉菌にとってのみの栄養源(悪玉菌のエサにはなりにくい)となり、善玉菌の増殖を促進する

  3. 大腸の腸内フローラ構成を健康的なバランスに改善し維持する

プレバイオティクスとして食物繊維オリゴ糖がよく知られています。

どのような組み合わせが良いのか?

プロバイオティクスには乳酸菌、ビフィズス菌、酪酸菌、納豆菌、麹菌などの菌が用いられます。

当サイトで紹介している善玉菌だけでも数十種類にのぼります。

また、日本では多くのプレバイオティクスが利用されており、水溶性食物繊維、オリゴ糖、プロピオン酸菌産生物質など、こちらも20種類程度になると思います。

これらのプロバイオティクス・プレバイオティクスを何種類かピックアップして摂取するのがシンバイオティクスなわけですが、無数の組み合わせができてしまいますね。

まずはお好きな善玉菌(プロバイオティクス)を選んで、入手もしやすい「オリゴのおかげ(特定保健用食品)」あたりとの組み合わせから、自分の腸内フローラにあったベストなシンバイオティクスの組み合わせ探しを始めるのが良いではないでしょうか。

そもそもシンバイオティクスな製品もある

プレーンヨーグルトでは雪印メグミルク社の「ナチュレ 恵み」、タカナシ乳業のプレーンヨーグルトにもシンバイオティクスな製品があります。

個食タイプで手に入りやすいものではビヒダスの個食タイプのヨーグルトはコンビニで売っていることが多いと思います。こちらはビフィズス菌BB536株とラクチュロースのシンバイオティクスになっています。

メーカー・ブランドとしては日本ルナ社、セブンプレミアムの製品にはシンバイオティクスのものが数多くあります。

オススメのシンバイオティクス

  • プロバイオティクスとしての実績
  • 善玉菌の量(菌数)
  • プレバイオティクスの種類・量
  • 入手のしやすさ
  • 価格

これらを総合的に考えて、私のもっともオススメなシンバイオティクスな製品は「ヤクルト Ace」です。

yakult-Ace

ヤクルト Aceは300億個のシロタ株を含んでいます。これを有効成分として、その整腸作用から特定保健用食品の表示許可を取得した信頼の製品です。

また、2.5gのガラクトオリゴ糖を含んでいます。これはガラクトオリゴ糖の一日あたりの摂取目安量にもなる量で、”十分な量”のプレバイオティクスといえると思います。

シンバイオティクス製品一覧

これまでに当サイトでレビューしてきたプロバイオティクス的要素、プレバイオティクス的要素の両方を含む製品(=シンバイオティクスな製品)をまとめました。

  • チチヤス 菌活応援ヨーグルト ヨーデル
    生きたまま腸に届く ビフィズス菌 フラクトオリゴ糖, イヌリン
  • 新ラクトーンA
    生きたまま腸に届き増える ビフィズス菌, アシドフィルス菌, フェカリス菌, ビール酵母
  • 活きた乳酸菌ヨーグルト キャンディ
    生きた有胞子性乳酸菌、ビフィズス菌およびニゲロオリゴ糖が含まれるキャンディ。ヨーグルト味。 ビフィズス菌, 乳酸菌
  • 森永コーラスウォーター
    森永乳業のロングセラーの乳酸菌飲料。生きてる乳酸菌とラクチュロース(ミルクオリゴ糖)を含むシンバイオティクス 乳酸菌 ラクチュロース
  • ビオスリーHi錠
    生きたまま腸に届き増える ビオスリーに含まれる糖化菌・乳酸菌・酪酸菌は協働して腸内環境を改善する。医薬品部外品のプロバイオティクス。 フェカリス菌 T-110, 糖化菌 TO-A, 酪酸菌 TO-A
  • 日本ルナ ときめきカフェ レッドスムージー
    生きたまま腸に届く 『ときめきカフェ』シリーズのレッドスムージー。植物乳酸菌HSK201、フラクトオリゴ糖、ポリデキストロースを含むシンバイオティクス。 乳酸菌HSK201 フラクトオリゴ糖, ポリデキストロース
  • ホリ乳業 大豆のまるごとヨーグルト
    大豆がまるごと使用されたヨーグルト。食物繊維、大豆オリゴ糖も摂取できるシンバイオティクス。 乳酸菌 大豆オリゴ糖
  • カゴメ 生きて腸まで届くビフィズス菌
    生きたまま腸に届く 生きたまま腸に届くビフィズス菌を含んだ乳酸菌飲料。イソマルトオリゴ糖も含むシンバイオティクスな製品。   ビフィズス菌, カゼイ菌 イソマルトオリゴ糖
  • 北海道乳業  12種類の乳酸菌
    12種類の乳酸菌が配合された乳酸菌。ガラクトオリゴ糖も2.8g含むシンバイオティクス。 乳酸菌 ガラクトオリゴ糖
  • タカナシ プレーンヨーグルト LGG+ガラクトオリゴ糖
    生きたまま腸に届く LGG乳酸菌とガラクトオリゴ糖を含むシンバイオティクスなヨーグルト。乳原料は北海道のものが100%使用されている。 乳酸菌LGG ガラクトオリゴ糖

ページ