ビフィズス菌Bb-12株

ビフィズス菌Bb-12株

Bb-12株はプロバイオティクスとして1985年から世界的に利用されているビフィズス菌です。

デンマークのクリスチャン・ハンセン社の保有する菌で、日本の多くのメーカーでも使用されています。

370以上の学術論文、180以上の臨床研究の行われているビフィズス菌です。

日本ではその整腸作用の保健効果から特定保健用食品の関与成分にもなっています。

生きて腸まで届くBb-12

ビフィズス菌は一般的に強い酸性や酸素に弱いのが特徴ですが、ビフィズス菌Bb−12株は胃酸に耐えて、小腸・大腸に到達することができます。

ビフィズス菌Bb-12株はpH2.0という非常に強い酸性でも耐えることができます。

ビフィズス菌Bb-12株の効果

整腸作用

生きたまま大腸に届くBb-12株は腸管細胞への付着性も高いことが特徴です。

ビフィズス菌Bb-12株の摂取により、腸内フローラが改善されて、

  • 短鎖脂肪酸(乳酸や酢酸など)の増加により腸内環境が酸性に傾いて、腸内環境が改善される(悪玉菌は酸性の環境を嫌う)
  • 腸の蠕動運動が活発になって排便が促進される

このような作用によって整腸作用がもたらされます。

小岩井 生乳(なまにゅう)100%ヨーグルトよつ葉 北海道 十勝プレーンヨーグルト 生乳 100はビフィズス菌Bb-12株を有効成分として、その整腸作用から特定保健用食品の表示許可を取得しています。

免疫力強化

免疫細胞・マクロファージを活性化

酸に強く、胃酸に耐えて小腸・大腸に到達し、マクロファージを活性化させ免疫応答を高めて、免疫力をあげる作用が確認されています。

マクロファージとは
マクロファージは体内に侵入してきたウイルスや細菌や、日々体内に発生する腫瘍細胞などを消化します。
マクロファージはそれらを消化する際に、ウイルスなどに対抗するための情報をヘルパーT細胞などの免疫細胞に伝えるという重要な役割を担っています。

気道感染症にかかるリスクを減少させる

ビフィズス菌Bb-12株を摂取することにより気道感染症にかかるリスクを減少させることが期待できます。

アトピー性皮膚炎に対する効果

アトピー性皮膚炎の乳幼児にビフィズス菌Bb-12株を摂取してもらいました。2ヶ月後、ビフィズス菌Bb-12を摂取した乳幼児は、摂取しなかった乳幼児にに比べ皮膚の状態が改善しました。(アトピー性皮膚炎の重症度を示すSCORADのスコアが改善)

ピロリ菌抑制

ビフィズス菌Bb-12株とアシドフィルス菌LA-5株を含むヨーグルトをピロリ菌感染者に食べてもらったところ、効果的にピロリ菌が抑制されることがわかりました。

菌概要

他の菌の効果を見る

菌の効果は研究成果であり、菌を含む製品の効果・効能ではありません。

※医薬品、医薬部外品、特定保健用食品などの一部の製品には善玉菌による整腸作用などの保健効果がある製品があります。