バイオジェニックスとは

バイオジェニックスとは

バイオジェニックスとは、腸内細菌研究の第一人者である東京大学名誉教授の光岡知足先生によって提唱されました。
直接、あるいは腸内フローラを介して

  • 免疫賦活
  • コレステロール低下作用
  • 血圧降下作用
  • 整腸作用
  • 抗腫瘍効果
  • 抗血栓
  • 造血作用

など、生体調節、生体防御、疾病予防・回復、老化制御等に働く食品成分と定義されています。

乳酸菌の菌体(菌のカラダ)や菌の産生物質にもバイオジェニックス的な効果がある

プロバイオティクスは生きた微生物に限定されていますが、バイオジェニックスは生きた微生物以外の栄養素などもその範囲に含んでいます。

その代表的なものは乳酸菌・ビフィズス菌の菌体(カラダ)、乳酸菌・ビフィズス菌の産生物質です。

乳酸菌・ビフィズス菌の菌体自体による効果

乳酸菌の「菌体」自体に免疫を強化したり、免疫調整作用(抗アレルギー作用)が見つかっているものがあります。

「菌体」による作用なので菌が必ずしも菌が生きている必要はありません。

乳酸菌・ビフィズス菌が産生する物質による効果

乳酸菌・ビフィズス菌のなかにはは菌体外多糖(EPS=extracellular polysaccharideまたはexopolysaccharideを作り出すものがあり、

乳酸菌の作り出したEPSには免疫力強化作用や抗アレルギー作用、食物繊維のような働きをしてコレステロール値の上昇を抑制する作用などがあるものが発見されています。

菌の作り出した物質による作用なので菌の生き死には関係ありません。

プロバイオティクスとバイオジェニックスの違い

このように、死んだ菌や菌の作り出した物質もヒトや動物に良い影響を与えることがわかっています。

ロシアの微生物学者でイリヤ・メチニコフ博士(1845-1916)も生菌・死菌のどちらにも効果があると指摘していました。

100年以上前から死んだ乳酸菌による効果は確認されていたわけです。

しかし、”プロバイオティクス”国連食糧農業機関と世界保健機関の合同専門家会議(2001年)では、

「十分な量を投与すれば宿主の健康に利益を与える生きている微生物

と定義されています。

つまり、プロバイオティクスは生菌によるヒトや動物への良い効果ということです。

したがって、死菌による効果はプロバイオティクスの範疇から外れてしまいます。そのためバイオジェニックスという概念が必要になるわけですね。

※プロバイオティクスの範囲を生菌のみならず死菌や菌外産生物質にまで広げるという説もあるようです。

 

感覚的には死んでしまった菌よりも「生きて大腸まで届く」菌のほうがより効果的であるように感じます。

しかし、生菌と死菌で同じ効果が得られるなら、商品の管理のしやすさ、多くの菌を一度に取れるといったことなどからバイオジェニックスのほうが優れていると言える場合もあります。

プロバイオティクスとバイオジェニックスの具体例

おなじみのヨーグルトである

を例にとって比較してみます。

どちらも定番のヨーグルトですね。

R-1andLG21.JPG

R-1は菌が作り出した物質がウリ

「強さひきだす乳酸菌」というキャッチコピーのR-1ヨーグルトの魅力ははR-1乳酸菌が発酵するときに作り出した菌体外多糖(EPS)です。

R-1乳酸菌が胃や大腸に生きて届いてどうこうするということではなく、R-1株が増殖する際に産生した菌体外多糖(EPS)がR-1のウリです。

この菌体外多糖(EPS)が私達の「強さ」を引き出してくれます。

そのためヨーグルトの中のR-1乳酸菌が死んでしまっていてもR-1ヨーグルトの魅力はあまり変わりません。

LG21株は生きたまま胃に届いてほしい

「リスクと戦う乳酸菌」というキャッチコピーの明治プロビオヨーグルトLG21の魅力は多くのヒトの胃に潜む「リスク」と戦ってくれるLG21乳酸菌を含むことです。

LG21乳酸菌には生きた状態で胃で活動し、「リスク」と戦ってもらうことが期待されます。

そのためには当然ですが、生きたLG21株を胃に送り込まなければなりません。

 

このようなふうに見てみるとそれぞれに期待するものは違いますが、R-1はバイオジェニックス的要素の強いヨーグルトでLG21はプロバイオティクス的要素の強いヨーグルトだということができると思います。

R-1ヨーグルトを購入する際には賞味期限はあまり気になりませんが、LG21の場合には新鮮でLG21株が元気なものを欲しくなりますね。

バイオジェニックスのメリット、デメリット

バイオジェニックスのメリット

バイオジェニックスの商品は菌が生きているか死んでいるかはあまり問題ではありません。それゆえにバイオジェニックスは生菌に比べていくつかのメリットがあります。

  • 加熱殺菌することによって効果がアップする菌がある(免疫力強化など)
  • 一度にたくさんの菌数を摂取することができる場合がある(一度に数兆個という単位で摂取できる)
  • 死菌のため品質が安定している
  • 管理がしやすい
  • 商品の応用範囲が広い

バイオジェニックスのデメリット

  • 死んでいる菌の場合は体内に定着しない(プロバイオティクスは数日間〜90日間とどまり、効果をもたらすものもある)
  • 死菌・殺菌済みの菌は培養できない(培養できると経済的にお得で、楽しいことも)

 

このページでは、

  • 菌体自体に効果が期待される菌
  • 菌の産生物質に有用な効果が期待される菌

をまとめました。

菌のなかにはプロバイオティクス的な要素、バイオジェニックス的な要素の両方を兼ね備えているものもあります。